ワキガ手術じゃ治らない?経験者の口コミ大暴露!

ワキガで悩んでいる方は、必ずと言っていいほど1度は手術を考えるのではないでしょうか?
一体どんな手術なのか?手術で完治するのか??不安がたくさんあります。
今回は、経験者の口コミを交えながら、ワキガ手術でワキガが治るのか、調べていきたいと思います。

 

 

ワキガの手術とは?

ワキガの手術は一般的に、脇の皮膚を切開してアポクリン腺を除去します。
アポクリン腺を除去するといっても、方法はいくつかあります。
一番効果的でダメージが少ない、と言われている方法は、医師がひとつひとつ直にアポクリン腺を除去して行くものです。ただし、これには医師のテクニックが必要となるため、医師選びが非常に重要です。
他にはアポクリン腺を削り取る、かき出すなどの方法がありますが、ダメージが大きい等のリスクが伴います。
最近では、超音波治療がありますが、これも結局は超音波でアポクリン腺を破壊し吸引するといったダメージが大きい方法になります。
ワキガ,手術,治らない

 

 

ワキガ手術体験者の口コミ
  • 「術後に麻酔が切れた時から痛みが続き夜も眠れませんでした。傷跡ですが、正直言ってかなり残っています。時間が経てば治る物だと思っていましたが、黒くあざになってしまいました。しかしニオイは無くなりました。」
  • 「軽い気持ちで手術を受けました。脇の傷のせいで、1週間程度痛みが続き、風呂にも入れず生活が不十でした。また、傷跡を目立たなくさせる治療もおこなったのですが、傷跡は残っています」
  • 「傷跡が生々しく、しばらくは脇を直視できませんでした。年齢的に傷の治り具合が悪いので、傷跡がなくなるか心配です。肝心のニオイはなくなったので、それは良かったです」

 

このようにニオイはなくなったけど、手術が痛かった、傷跡が残ったという口コミはかなり多かったです。
ワキガ,手術,治らない

 

  • 「手術は痛く、辛かったですが、脇のニオイはなくなりました。しかし、他の部分が以前よりニオイが出るようになりました」
  • 「傷口はきれいですが、ワキガが再発しました。」
  • 「2年前にワキガ手術をしました。ニオイが改善されたのかと思い込んでいましたが、家族から少しの汗でもニオイが出ている、と指摘されました。」

 

「傷跡はあまり目立たないけど、ニオイが再発した」、「他の場所からニオイが出るようになった」この様な口コミも多数見かけました。

 

 

 

ワキガ手術では治らないのか?

口コミから考えると1度の手術でニオイがなくなったという人は20%くらいでした。しかし、その20%の中には傷跡が残った人も多いようです。
ただ、治ったことに喜びを感じている人もいるので、一概に手術が悪いとは言えません。
ただ、高額な手術費や治療費を出して傷跡が残ってしまうのはどうなのでしょうか?
傷跡が残ってもニオイが無くなればいいのですが、手術をしてもニオイがなくならない人や、傷跡も残ってニオイも消えないという最悪な状況の人もいるのも事実です。

 

最近のデオドラント剤もワキガのために作られたものであれば、完治は無理ですが改善はできるようです。
ぜひ、手術を考えている人も手術をする前に、デオドラント剤でワキガが軽減できないのか、試してみる価値はあると思います。